今回は「気の合わない人」「馬の合わない人」とどう付き合うのか

を確認して行きましょう。

そのコツは…

「相手の良い点を見つける」「相手の良い点を見る」クセを持つこと!

これは小さい頃から親に言われていたことではないでしょうか。

しかしながら、「気の合わない」「馬が合わない」というのは、

自分の思考や価値観と違う相手を受け入れられない状態のことで、

「違う」が故に、相手を認められない、あら探しをしがちなものです。

相手のあら探しをし始めてしまうと、

ますます相手の悪いところが見えてしまい、

結果として、気の合わない、馬の合わない状況から抜け出せなくなってしまいます。

よく考えてみると…

気の合う人や馬の合う人にも悪いところもあるはずですが、

彼ら彼女らに対しては、悪いところではなく、

自然と良いところに目が向いているのではないでしょうか。

それであれば、気の合わない人や馬の合わない人に対しても、

意図的に「良い点」を見る、見つけて行く事が大切なのです。

とはいっても…

気の合わない人や馬の合わない人の「良い点」を見つけたくても、

それがないから困っているのだ!という声も聞こえてきそうですね・苦笑

そんな時はどうすれば良いのでしょうか。

それはまた次回!